米沢市でも太陽光発電を始める家が増えています。

米沢市というとどんなイメージをお持ちでしょうか。
全国的にも有名なのが米沢牛と紅花などでしょう。
一刀彫りなどの民芸品も有名です。
もっとも有名なのは米沢の殿様の上杉鷹山かもしれません。
山形は新潟ほどではないにせよ雪の多い地帯です。
上杉鷹山が米沢の地に赴いた時には、
米沢は斜陽の一途をたどっていました。
nullそれをさまざまな特産品を作ることで復活させたのが上杉鷹山です。
雪が多く米もそれほどできなかった米沢が、
上杉鷹山のおかげでよみがえったのです。
そのような雪の多い米沢市で太陽光発電でができるのかと思われるかもしれません。
私も実は米沢市に住んでいる知人が、
太陽光発電を家にも設置したと聞いた時は大丈夫かと危ぶみました。
太陽光発電といえば太陽が出ていなければ発電ができないというイメージがあります。
それが雪深い米沢市で発電できるのだろうかと思ったのです。
比較的南の地域に住んでいる私の家でも、
発電量のことを考えたら太陽光発電を始めるのは得なのだろうかと迷っていたくらいです。
太陽光発電のパネルや発電機には多額のお金がかかるのですから、
思ったように発電できなければ元が取れなくなってしまいます。
ところが、最近の太陽光パネルというのはとても進化していて、
雪の多い地域の米沢市でも、
晴れてさえいれば発電ができるのだというではないですか。
しかも、太陽光発電を始めてから、
かなり電気代が節約できるようになったそうです。
雪が多いだけに暖房のための電気代がかなりかさんでいたようですが、
その電気代が節約できるようになって助かったというのですから驚きました。
技術の進歩というのは本当にすごいスピードで進むものなんですね。
特に、太陽光発電がこれほど注目されているのですから、
各社とも力を入れて開発しているのでどんどん進化をしているのでしょう。
米沢市でも太陽光発電がこれほど役立つのなら、
ぜひ私の家でも太陽光発電を初めてみたいと思いました。