米沢市で導入する際の期待について

ハッキリ言って、太陽光発電は自然の力を利用するエネルギー生産システムなので、何よりも気になるのが、導入しようと考える場所の気候ですよね。
そこで、単純に太平洋側の方が日照時間が長いので、日本海側や海のない市は不利だとか、吸収や四国のような、温暖な気候のほうがいいとか、そのように考えるのは、あまりにも早合点だと言えます。
なぜなら、米沢市は山形県ですが、太陽光発電において、かなり期待できるからです。
まず、米沢市は東北地方ですが、夏には暑いと感じるほどの気温の上昇を見せます。
さらに、名物の野菜が豊富であることからも分かるように、地元の料理人も米沢市は日照時間も豊富だと言っていますので、太陽光発電があれば、その暑い夏も、安心して乗り切れると言えますからね。null
さらに、冬は寒いですが大気の流れがいいので、雪深い東北の中でも、そこまで悲観的になる必要はないのではないかと個人的には思いますね。
さらに、関東一円や、名古屋、大阪などに比べると、どうしても都市としての規模が小さいので、豊富な業者が居ると言う状態ではないと考えがちですが、地元の業者だけに的を絞った一括見積もりのサービスを提供しているサイトが見つかったりするなど、侮れないと思わされましたね。
他県の人は勝手な憶測で、東北なので気温も低く、太平洋側なので日照時間も少なく、さらに大都市ではないので業者の力も強くないのだろうと考えてしまっていたのかもしれませんが、そんなことはなく、十分に期待できる立地環境なのです。
さらに、自治体によって県は各市町村にお金を分配しており、そこからお金が支払われるので、国と市という二つからの補助金しかもらえない場所もあるのに、米沢市の場合、国と県がちゃんと補助金を出してくれて、そこから市も払ってくれるので、そういった面でも、安心できると言えますよね。
近隣の自治体と比べて、特別上限が高いと言うわけではありませんが、個人レベルで導入するなら、十分にありがたいですよね。