太陽光発電は雪が降っても大丈夫?

冬場は雪が降り積もる酒田市では、太陽光発電の導入にあたって、雪が降っても大丈夫なの?という疑問が多く寄せられます。
実際、どうなのか確認しておきましょう。
まず、雪の多い地域でも安心して設置できるように、積雪量に応じた専用の太陽電池モジュールや架台が用意されたり、雪国向けに推奨される傾斜角度が設けられています。
たとえば、陸屋根の場合なら、太陽光パネルから雪が落ち易い角度で設置して、パネルに極力雪がかからないように工夫が施されたりします。
なお、積雪によって太陽光パネルが隠れてしまえば発電量は減りますが、システム自体が壊れる心配はありません。
確かに、太陽光パネル全体に雪が降り積もって日射が遮られている間は、発電ができなくなります。
しかし、太陽光パネルに少しでも日が射せば、その熱を受けてパネルに積もった雪は解けていき、発電を行います。
雪が多い地域といっても、毎日毎日、雪が降りしきっているわけではなく、晴れる日はけっこうあります。
地上に積雪があっても、屋根の上に陽が射せば、雪がとけ発電できるので冬場でも発電が可能です。