山形県内に太陽光発電システムを設置する

太陽光発電システムを自宅に設置する時には、発電に太陽光エネルギーだけを使用しますから、自宅の屋根が向いている方角、屋根の勾配の傾斜角度、周囲の建物が自宅の屋根に日影をつくる時間帯があるかどうか、屋根の材料はトタン葺きか瓦葺きか、屋根の形はどうかといった多種多様な要因が太陽光発電システムの発電効率に相当程度影響を与えるでしょう。
ですから、太陽光発電システムを購入する時には自宅の屋根の状況を専門家と共に調査して、正確な発電シミュレーションをプランニングする事がとても重要になります。
ソーラーパネルを設置する屋根が向く方角は南がベストです。
南向きの屋根にソーラーパネルを設置した時の発電量と比較すると、東向きの屋根、西向きの屋根にソーラーパネルを設置するとマイナス15パーセント、東西方向に向いた屋根、西南方向に向いた屋根にソーラーパネルを設置するとマイナス6パーセントとなります。
屋根の勾配の傾斜角度は、北海道は40度の傾斜が付いた屋根、本州は30度の傾斜が付いた屋根がベストです。
山形県内に太陽光発電システムを設置する場合は、屋根の勾配の傾斜角度が30度の屋根にソーラーパネルを設置すると最大の発電効率を期待できるでしょう。
プラスマイナス5~10度前後の傾斜角度の差は許容範囲の誤差内に収まります。
自宅の屋根の傾斜角度にそれ以上の開きがあるような急勾配の屋根や、傾斜のゆるい屋根についてはソーラーパネルを設置する時に金具を使って角度を調節できるでしょう。