山形で設置する際に知っておきたいこと

個人でも電気を作り出すことが出来る家庭用の太陽光発電はエネルギー源が太陽光であることから環境にも優しくみなさんも大変興味を持たれているのではないでしょうか。
しかも家庭で消費する電力量よりも太陽光発電によって作り出された発電量の方が多ければ電力会社が買い取ってくれるので家計にも優しいですよね。
太陽光発電はまさしく太陽光がないと発電出来ないわけですので、
null雪が降る山形では太陽光発電は効率が悪いのではないかとお考えではないでしょうか。
日照時間の長短も太陽光発電の効率に大きな影響を及ぼすのでこの点も注意しなければなりませんよね。
一般的に日本海側は太平洋側より日照時間が短いのですが、
山形は海あり山ありですので同じ山形でも場所によって日照時間は大いに異なります。
ただし太陽光発電は晴れた日にしか発電できない訳ではなく雨の日でも明るければ発電は可能です。
晴天の日に比べて発電量は減少しますがゼロになる訳ではないのです。
山形に限らず日本全国どこにいても夜間は電力会社からの電力の供給に頼らなければなりません。
また日中の天気の悪い日に家庭内の使用電力が発電電力より多い場合は不足分のみ電力会社から供給されますので心配ありません。
山形は雪国のため太陽光発電は不向きと思われるかもしれませんが、
1年を通してみると全国と比較してもほぼ同程度の発電が可能なのです。
冬場は発電電力が減少しますがそれ以外の季節では全国と比較してもそれ以上の発電電力を確保できると言えるのではないでしょうか。
最近では雪国使用の太陽光パネルも販売されています。
自動で雪を感知し積もる前に解かすタイプのパネルもありますので自らメンテナンスや
屋根の雪下ろしをする必要もありません。
しかも太陽光発電を設置すれば地震や台風などの災害時に停電してしまった際にも発電できるため電気を使用することが出来るのです。
太陽光発電の寿命も概ね20年と長く一度設置してしまえばその後のメンテナンスはほぼ不要ですので非常に便利なツールと言えるでしょう。
山形にお住まいの方は国、山形県そしてあなたがお住まいの県内市町村から補助金が交付されます。
山形県内にはいくつもの太陽光発電を設置するための販売業者や施工業者等がありますので、
設置をお考えの方はご相談されたり見積もりを取るなどして検討をしてみてはいかがでしょうか。