山形県の普及率は今一歩。

太陽光発電の普及率を見てみると明らかに日照時間の多い県の普及率が高く、
逆に日照時間の短い地域は普及率で苦戦しています。
意外なのですが、
日照時間が一番の県は山梨県です、
意外でしょう、
私はてっきり沖縄が一番だと思っていましたが、何と35位なのです。
沖縄は平均気温は高いのですが結構曇りの日が多いのだそうです。
日照時間の2位以下は高知県・宮崎県・群馬県と地域が一定はしていません。
しかし、日照時間が低い順位には東北と北陸の県が並んでいます。
秋田県が最下位で低い方から青森県・富山県・山形県となっていて、
その年によって順位は変わりますが、この傾向はつづいています。null
それと太平洋側と日本海側を比べるとやはり太平洋側に軍配が上がってしまいます。
日本海側の地方は冬雪が降りどんよりした天気がつづきます。
こんなことも関係しているのではないでしょうか。
太陽光発電の第一位は佐賀県で日照時間の順位は20位となっています。
これも意外です。
もっと日照時間が多い県ではないかと勘違いしていました。
普及率は佐賀県をはじめ九州の宮崎と熊本の普及率が高くなっています。
日照率で言うと宮崎県が3位、
熊本県が17位となっています。
このような地方は発電効率が良くて太陽光発電に適しているのでしょう。
しかし、
日照時間20位の佐賀県が普及率の1位となると、
日照時間はあくまでも参考の指標であって日本全国設置しても効率的と言えるかもしれません。
山形のような場合雪国に適した設置方法にすべきです。